小顔になりたいなら|キュートな自分になれる

顔の輪郭が気になったら

女性の顔

顔の輪郭は気になるところです。もう少し、小顔になりたいと悩んでいる方は多いです。憧れの小顔である理想のフェイスラインは、整形治療で手に入ります。ただし、妊活中はできない整形治療方法があります。それは、ボトックス注射です。妊活中は、他の治療方法選択することをお勧めします。

Read More..

大きな顔の改善方法

整形治療

小顔は美人の条件として非常に重要な要素であり、小顔になる美容整形が人気となっています。施術は顔が大きくなっている原因で異なり、顔の脂肪を溶かす方法や、筋肉を小さくするボトックス注射、えらの骨削り、フェイスリフトなどの施術が行われます。

Read More..

顔を小さくする施術

頬を触る女の人

体のつくりに合わせた治療

人によって、男性も女性も顔の大きさにそれぞれ違いがあります。顔が大きいよりも小顔のほうが体全体のバランスが良く見えて、スタイルアップしたり服を格好良く着こなしたりすることが出来ると考えられています。日本では、特に女性の美容の一環として小顔を意識する人も多いです。顔の大きさは、もともとの骨格や顔の筋肉の付き方や脂肪、皮膚の状態などによって変わってくるものです。顔に脂肪がついている人は、頬が盛り上がったり二重あごになりやすかったりします。また筋肉が発達している場合はエラ周辺に筋肉がついてしまうことがあります。加齢や乾燥などで皮膚がたるんでいる場合や、骨格が生まれつきしっかりとしている場合など、顔が大きく見えてしまう原因は様々あります。脂肪が多い場合は、脂肪溶解注射をする治療が一般的です。それによって頬から顎先にかけてスマートな印象にすることが出来ます。筋肉が張っている場合は、筋肉を弛緩させる作用のある注射を行うことで筋肉の働きを制限し、エラを改善することが出来ます。皮膚のたるみや骨格が影響している場合は、顔全体のリフトアップを行なったり、余分な皮膚や骨を削ったりして除去する手術が行われることもあります。現在ではリスクが少なく手軽に施術が受けられる注射による整形が、多く受けられています。

歪みやむくみ改善も大切

小顔の整形は、一度で効果が得られると言われていますが体の歪みや顔のむくみも同時に改善していくことが大切になります。顔は、体全体の歪みやむくみの影響も受けやすいので、整形をして小顔にすることが出来た後も、普段の生活習慣を改めたり気を付けたりしなければいけません。人の顔は生まれ持った大きさもありますが、加齢によって少しずつ変化することもありますし、体内の水分が多い場合や枕が低い時など日常生活の影響を受けることもあります。水分の排出を促すためにカリウムをしっかり摂取したり、たるみを防ぐために保湿を心がけたり、さらに枕は少し高めにして寝るようにするなど自分で改善できる部分は変えていくことも必要です。また姿勢を正し、骨盤を正しい位置にすることも大事です。小顔になるための施術を受けた後は、自宅で出来るセルフケアに特に気を遣うようにしましょう。また状態が安定するまでは顔に固定器具を付けると小顔になりやすいとされています。小顔整形は全体的に印象を良くするためにも欠かせない人気の施術となっていますが、受けた後の自分なりのケアも忘れずに行ないましょう。いまはクリニックでもアフターケアがしっかりとしているところも多いので、何か施術後に気になることがあれば相談も可能です。

方法とクリニック選び

鏡を持つ女性

小顔に憧れているのであれば、整形という方法を検討してみることをおすすめします。骨を削る、脂肪を吸引する、あるいは整えるだけで見た目が変わります。クリニック選びにおいてカウンセリングは必須です。料金を比較しておき、アフターケアがしっかりしているところなら安心です。

Read More..

気になるエラ張り

男性ドクター

顔が大きく見られる原因は様々なタイプがあり、その原因別に治療法もたくさん存在します。経験が豊富で深い知識と高い技術に長けた医師による、適切な小顔整形が受けられるように、事前の準備は怠らないようにしましょう。

Read More..