小顔になりたいなら|キュートな自分になれる

大きな顔の改善方法

整形治療

美容手術

小顔は女性の憧れであり、特に最近では小顔ブームと呼ばれるほどその風潮が強まっています。中にはそれほど顔が大きいわけではない、一般的な大きさの人も顔を小さくするために美容整形を受けるほどです。小顔には様々な美容上のメリットがあります。顔の面積が小さいことで頭身が高くなり、全身のバランスが良くなって美しいスタイルとなるほか、目鼻立ちがはっきりとして美人度が増します。モデルや芸能人などが美しく見える理由としては、小顔が大きな理由の一つとなっているなど、美しくなるためにはとても重要な要素となっています。小顔になるための方法は、やはり美容整形が最も効果的です。そしてその施術は個人個人によって全く異なるものになります。顔が大きくなってしまう原因としてはいくつかの要因が考えられます。顔に脂肪が付き過ぎている場合は、頬がしもぶくれとなっていたり、あごが二重あごになってしまっていたりします。またえら周りの筋肉が発達している場合はえらが張っているように見えてしまいます。フェイスラインが垂れ下がるなど加齢などにより皮膚がたるんでしまっている場合にも顔が大きく見えてしまいます。そしてえらや頬骨などが大きく張っている骨格に由来する場合が考えられます。

施術の種類

顔が大きくなってしまっている原因は、大まかに分ければ、顔に付いた脂肪によるもの、筋肉が付き過ぎているもの、皮膚のたるみによるもの、そして骨格が原因となっているものに分けることができます。美容整形手術ではこれらの原因を直接に取り除くことで小顔を実現していきます。脂肪が原因の場合は脂肪吸引のほか、顔の脂肪は腹部や臀部に比べれば少ないので、薬剤を注射して脂肪を溶かすといった方法がとられます。注意点としては、この薬剤には大豆由来の成分が含まれるため、アレルギーの人は事前に確認が必要です。えらが張っている場合は、筋肉によるものと骨格によるものが考えられます。この場合はまず気軽に試すことができるボトックス注射を行い様子を見ます。この注射によって筋肉を小さくすることができます。また注射の効果は半年から1年程なので複数回行う必要があります。これで効果が薄い場合は骨格が原因のため、骨削りを行います。見た目の劇的な変化が得られますが、骨を削る整形手術は大掛かりなものとなるので、手術後の痛みや腫れといった副作用がひと月ほど続く場合があります。また年齢が高い場合、骨を削る場合は皮膚のたるみが生じることもあるため、合わせてフェイスリフトなどのたるみを解消する手術が必要になる可能性もあります。