小顔になりたいなら|キュートな自分になれる

顔の輪郭が気になったら

女性の顔

理想のラインになれます

顔の輪郭は気になるところです。もう少し小顔になりたいと悩んでいる方は、多いです。輪郭が1mm変わるだけでも、相手に与える印象は大きく変わります。小顔であれば、知的な印象、上品な印象、愛嬌が良い印象を与える為、また、体全体のバランスが良くなり、プロポーションが良く見える等、総じて美人に見えるようになります。実は、この憧れの小顔ですが整形で手に入れることができます。整形では、様々な治療で理想のフェイスラインを手に入れることができます。整形アプローチとしては、骨削り、小顔Vライン形成術、バッカルファット、ボトックス注射等様々なものがあります。骨削りでは、どの部分を削って理想のフェイスラインにするか決めます。エラなのか頬なのか顎なのか口元なのか人によって異なります。そして、3D-CTで骨の状態をとらえて、極力、体への負担が少ない方法で削っていく方法です。骨を削る為、理想のフェイスラインを確実に手に入れることができます。小顔Vライン形成術は、ご本人から採取した脂肪を顎先に入れて、シャープなあごのVラインを作ります。外科的な手術が必要ない為、体への負担が少なく小顔になれる人気の治療方法です。どの治療が最適か、ご自身の理想のフェイスラインによって異なるので、よく医師と相談することが大事です。

妊活中は注意が必要

整形治療を受けることで小顔になれるのですが、妊活中はできない治療方法があるので注意が必要です。骨削り等、外科的な治療は、妊活中でも問題無く行えるのですが、ボトックス注射は行えないです。ボトックス注射には、ボツリヌストキシンと言う成分が含まれており、筋肉を麻痺させる作用があります。ボトックス注射を顔の筋肉に打つことで、筋肉を細くさせて小顔にする狙いがあります。効果は、約半年で、継続的に小顔にするには、半年ごとにアフターケアーとして再び注射を打つ必要があります。外科的手術でない為、プチ整形として人気がある治療方法です。では、なぜ、妊活中はこの治療ができないかと言うと、ボツリヌストキシンの胎児への安全性が、100%保証されていない為です。ボツリヌストキシン自体は、安全な成分なのですが、胎児への影響を調べた治験データが無い為です。治験データは、実施に人体に影響がないか実験的に調べるのですが、本人の承諾の元行います。胎児は当然ながら人格も形成されていないですし、会話もできないので、治験を受けても良いかどうかの確認ができないです。その為、胎児に対して治験することができないので、治験データが無いという状態になっています。ボトックス注射以外にも小顔整形方法はたくさんあるので、他の方法を選択することをお勧めします。